片頭痛に効く鎮痛剤

片頭痛は、慢性的に起こる頭痛の症状で、主に二つのタイプがあります。前兆のない片頭痛と前兆のある片頭痛です。
前兆のある片頭痛のある場合は、痛みが来る前に目の前がピカピカと光るフラッシュみたいなものがあらわれ、また感覚が鈍くなった様な感覚異常を感じ、酷い場合は言葉を話しにくくなる失語性言語障害を起こす場合があります。
この前兆が20分ほど続き、その後に頭痛が始まります。

私も長年、この前兆を経ての片頭痛に悩まされていました。

医師に相談をしたり、いろいろな鎮痛剤を使ってきましたが、
マクサルト・ジェネリックのリザクトが私には一番効果がありずっと服用しています。

このマクサルト・ジェネリックのリザクトは、シプラ社から発売されており、片頭痛の急性期治療薬マクサルトのジェネリック薬品です。
服用後から、だいたい15分程度で痛みを和らげてくれます。

有効成分であるリザトリプタンが直接、神経伝達物質に働きかけてくれるので、不快な痛みをすぐに緩和してくれます。
服用後から約15分程で痛みを和らげてくれます。
また値段も安くコストパフォーマンスが優れているので私自身大変満足しています。

もともと片頭痛というのは、寝不足であったりストレスが原因とされています。
慢性的に血管が拡張し、そして血管周囲が炎症をおこす事で、神経を通じて脳に伝わり、ガンガン・ズキンズキンとした痛みを伴います。
このような痛みをよく感じるのであれば、片頭痛の可能性が高いです。無理をせず病院で診察してもらってください。
もし片頭痛と診断されたのであれば、このリザクトを常備してもいいのではないでしょうか?
他の鎮痛剤よりも飲んでから効くまでの時間が早いですし、突然の痛みがやってきても、すぐに飲んで痛みが軽減できます。
私も常に常備していますし、常備して持ち歩いている方も多いと聞いています。
もちろんマルサクトと同じの有効成分ですので、安心してお使いいただけます。
もしあなたが片頭痛で悩んでいるのであれば、一度試してみる価値はあると思います。

片頭痛の原因や症状を詳しく調べる